Windows11のHomeとProの違いについて - ActiveTK's Note

作成 2023/01/25 00:06
最終更新 2023/01/25 00:15


  • まず初めに
  • 値段
  • 機能
  • 用途
  • 発売対象
  • まとめ

  • まず初めに

    Windows 11には、個人でも購入できる範囲ではHomeエディションとProエディションがあります。
    本記事では、このHomeとProの価格や機能の違いなどについてまとめさせていただきます。


    値段

    販売場所などによって値段が異なるため一概にはいえませんが、公式の提示する価格ではWindows 11 Homeのライセンス販売価格は約$139.99Windows 11 Proのライセンス販売価格は約$199.99です。


    機能

    Windows 11 Homeは、基本的な機能のみを提供しています。
    例えば、以下のような機能です。

  • リモートデスクトップ接続
  • Windows Hello
  • タブレットモード
  • タッチスクリーンサポート
  • Windows 11 Proは、Homeに加えて、以下の機能を提供しています。

  • ビジネス向けセキュリティ機能
  • ドメイン参加
  • BitLocker暗号化
  • Hyper-V仮想化
  • RemoteFX

  • 用途

    Windows 11 Homeは、家庭や学生向けで、日常使用に適しています。

    それに対し、Windows 11 Proは、ビジネスやプロフェッショナル向けで、高度な機能を求用しているユーザーに適しています。


    発売対象

    Windows 11 Homeは、家庭や学生などの個人ユーザーを対象にしています。 Windows 11 Proは、ビジネスやプロフェッショナルなどの小規模な企業、自営者、フリーランサーなどを対象にしています。


    まとめ

    まとめると、Windows 11 Homeは、家庭や学生向けのエディションで、日常使用に適している機能を提供しています。
    一方で、Windows 11 Proは、ビジネスやプロフェッショナル向けのエディションで、高度な機能を提供しており、企業や自営者などの小規模なビジネスに適しています。



    【この記事を書いた人】

    ActiveTK.

    Web開発や情報セキュリティなどが得意な中学生。
    趣味はダークウェブの調査やBitcoinの追跡まで多岐に渡ります。
    プロフィール: Profile - ActiveTK.



    ホーム利用規約プライバシーに関する声明開発者 (c) 2022 ActiveTK.
    Onion Mirror: http://note.ActiveTKqz22r3lvvvqeos5qnbrwfwzjajlaljbrqmybsooxjpkccpid.onion